聖書を勉強してみましょう!(その3)

最初から見たい方はこちらをクリック。

歴史上、最大のベストセラーは聖書です!しかし、日本の学校では、その内容はあまり教えられていません。希望バプテスト教会では、聖書を教える場所です。しかし、教会へ足を運んだことがない方も多いです

イエス・キリストについての真実を知って欲しいと言う願いから、教会でも教えられているものを動画にして見ました。7本の動画を通して、聖書の中心にある教えを見ていきます。聖書を開いて説明していきますので、自分で確かめることもできます。

1. はじめに神が天と地を創造された。

2. 地は茫漠として何もなく、闇が大水の面の上にあり、神の霊がその水の面を動いていた。

3. 神は仰せられた。「光、あれ。」すると光があった。

4. 神は光を良しと見られた。神は光と闇を分けられた。

5. 神は光を昼と名づけ、闇を夜と名づけられた。夕があり、朝があった。第一日。

6. 神は仰せられた。「大空よ、水の真っただ中にあれ。水と水の間を分けるものとなれ。」

7. 神は大空を造り、大空の下にある水と大空の上にある水を分けられた。すると、そのようになった。

8. 神は大空を天と名づけられた。夕があり、朝があった。第二日。

9. 神は仰せられた。「天の下の水は一つの所に集まれ。乾いた所が現れよ。」すると、そのようになった。

10. 神は乾いた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神はそれを良しと見られた。

11. 神は仰せられた。「地は植物を、種のできる草や、種の入った実を結ぶ果樹を、種類ごとに地の上に芽生えさせよ。」すると、そのようになった。

12. 地は植物を、すなわち、種のできる草を種類ごとに、また種の入った実を結ぶ木を種類ごとに生じさせた。神はそれを良しと見られた。

13. 夕があり、朝があった。第三日。

14. 神は仰せられた。「光る物が天の大空にあれ。昼と夜を分けよ。定められた時々のため、日と年のためのしるしとなれ。

15. また天の大空で光る物となり、地の上を照らすようになれ。」すると、そのようになった。

16. 神は二つの大きな光る物を造られた。大きいほうの光る物には昼を治めさせ、小さいほうの光る物には夜を治めさせた。また星も造られた。

17. 神はそれらを天の大空に置き、地の上を照らさせ、

18. また昼と夜を治めさせ、光と闇を分けるようにされた。神はそれを良しと見られた。

19. 夕があり、朝があった。第四日。

20. 神は仰せられた。「水には生き物が群がれ。鳥は地の上、天の大空を飛べ。」

21. 神は、海の巨獣と、水に群がりうごめくすべての生き物を種類ごとに、また翼のあるすべての鳥を種類ごとに創造された。神はそれを良しと見られた。

22. 神はそれらを祝福して、「生めよ。増えよ。海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ」と仰せられた。

23. 夕があり、朝があった。第五日。

24. 神は仰せられた。「地は生き物を種類ごとに、家畜や、這うもの、地の獣を種類ごとに生じよ。」すると、そのようになった。

25. 神は、地の獣を種類ごとに、家畜を種類ごとに、地面を這うすべてのものを種類ごとに造られた。神はそれを良しと見られた。

26. 神は仰せられた。「さあ、人をわれわれのかたちとして、われわれの似姿に造ろう。こうして彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地の上を這うすべてのものを支配するようにしよう。」

27. 神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された。

28. 神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。増えよ。地に満ちよ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地の上を這うすべての生き物を支配せよ。」

29. 神は仰せられた。「見よ。わたしは、地の全面にある、種のできるすべての草と、種の入った実のあるすべての木を、今あなたがたに与える。あなたがたにとってそれは食物となる。

30. また、生きるいのちのある、地のすべての獣、空のすべての鳥、地の上を這うすべてのもののために、すべての緑の草を食物として与える。」すると、そのようになった。

31. 神はご自分が造ったすべてのものを見られた。見よ、それは非常に良かった。夕があり、朝があった。第六日。

創世記 1章1~31節 聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

次のビデオでは、聖書が教えている罪の問題についてみていきます。

続きはこちらをクリック→